生命保険の裏側 医療保険なんて入らなくていい!

生命保険とは、そもそも何なのか?

万が一の時に、生活が困らないためのものです。


人間はいつかは必ず死にます。

だから死んだ時に残された人が困らないようにするために考えなければなりません。


子供が大きくなり自立しだしたら、葬式代くらいあれば良くないですか?

それくらいの蓄えがあれば、生命保険なんて必要ないんですね。


医療保険だって、高額療養費という制度があるので、
大概必要なかったりします。

と、下の動画でも言ってます。

高額療養費というのは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、

一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度のことです。


平成27年1月診療分から

月の給料の総額がおよそ28万〜50万円の方は、(厳密には厚生労働省の「高額療養費制度を利用される皆さまへ」を参照下さい)

80,100円+(総医療費−267,000円)×1%

で済んでしまうんですね。

なので、それ以上払い込む医療保険なんて入るだけ損です。


じゃあ、どんな保険に入ればいいの?

というと、下の動画でハッキリ言ってますので、ご覧下さい。




入る前から損とわかる医療保険





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。