保険に入りすぎていないか?

心配だから・・・

勧められるままに・・・

など、必要じゃない部分にまで保険をかけてしまい、

保険に入りすぎている状態の人はいないでしょうか?


払える範囲の金額で、必要なことにだけ保険をかけてください。

では、何が必要で何が必要でないか?

この動画で、少しわかってくるのではないでしょうか?



もしよくわからないようなら、

無料の保険見直し相談を利用してください。

こちら⇒ 保険見直し無料相談




生命保険料を安くする考え方

生命保険の支払いが高いんじゃないか?

と思って、生命保険の見直しをする方が増えてきているようですが、

見直しのポイントとして、総支払額を少なくして大きな保証を受ける

という考え方を忘れてはいけません。


同じ保証でもずっと同じ金額を払い続けていくより

10年定期の方が良い場合があります。


こちらの動画がわかりやすいですのでどうぞ!




10年定期だと、歳と共に支払額は上がりますが、

総支払額は安くなります。


それに、実際に年齢が上がれば、更なる見直しをすれば

もっとお得になるわけです。


さらに終身ではなく、80歳くらいまで保証があれば良い

となると更に総支払い額が安くなります。


今の経済状況などと相談しながら決めていくと、

より良い保険に入れると思いますよ。


生命保険に加え年金保険も加入し、保険料月額1万円以内に済ませられるか?

一つの保険会社の礼ではあると思いますが、

生命保険と年金保険に入り、月の支払いが1万円以内にできるか?

という動画があったので、ご覧下さい。




病気や怪我で入院も不安だけど、

今現在の保険料を安くして、本当に老後が安心かどうかを

まず最初に検討すべきではないでしょうか?


60歳とか、65歳までに保険料を払い終えてしまうタイプの方が、

死ぬまで払い続けるタイプより、後々楽になるのではないでしょうか?


70、80才まで生きないから大丈夫なんて、

先のことはわかりませんからね。


あなたはどう思いますか?



生命保険のおすすめプランはおすすめじゃない!

生命保険の外交員、保険のおばちゃんや生保レディなどと言われている人から、

今の保険を解約して、おすすめプランに入り直したら得ですよ!

何て話があっても聞く耳を持っちゃいけません。


なぜか?


それは、生命保険に加入した時より現在の方が年をとっているからです。


生命保険は若い人より年をとっている人の方が、払う金額が多いです。

当然ですよね?


年をとればとるほど、病気や死ぬ確立が上がるからです。


それでも、加入している保険がひどすぎて、

入り直した方が良い場合もあります。


こちらの動画で解説していますよ。





生命保険の主契約と特約で自由に組み合わせる

生命保険には主契約と特約というのがありますが、

これって何なの?

と聞かれると、意外とわからないもんですよね。


主契約というのは、単独で契約できるものをいいます。

特約というのは、主契約を契約して初めて契約できるものをいいます。


これをあなたに必要な状況に合わせて組み合わせることで、

様々な保険商品ができます。


まずは動画をご覧ください。




いかがですか?

勘違いしている人はいませんか?


私の保険は、3000万円です。

なんて言っても、一生涯、死んだ時に下りる金額が3000万円ではないでしょう。


もう一度、今の保険をよく確認してみてください。


主契約はどうなのか?

特約として何がついているのか?


これをしっかり把握して初めて、保険の見なしができるというものです。



生命保険の種類は3つある

生命保険の種類というのは3つありますが

全部ご存知ですか?


ひとつは、終身保険です。

保険に加入してから、亡くなるまで変わらない保障が終身保険ですね。


もうひとつは、定期保険です。

一定期間しか保障してもらえないと思いがちですが、

いつまでは必要な保険でも、その後は必要ないなと思えば、

この定期保険で良いわけです。


そして三つ目は、養老保険です。

お金が貯まる保険が養老保険ですね。

でも、毎月の支払いが高いです。


これを、もっとわかりやすく解説している動画があるので

ご覧ください。





生命保険の見直しに重要なこと

生命保険の見直しに重要なことは、

優先順位は何であるかです。


優先順位の項目は、

死亡、医療、介護、老後

の4つです。

下に詳しく解説している動画があるのでご覧ください。




私の場合、40代なのでまだまだ働けますから、

子供が成人するまでに死んでしまうのが一番心配です。


その次に、長期入院して仕事を休まないといけなくなったらどうしよう・・・。

という心配があります。


その次に老後の心配、介護の心配という順です。


ですが、20年後はどうなっているでしょうか?


多分、子供も大きくなるし、

死んでも葬式代くらいあれば困らないだろうと思います。


でも、厄介なのが、病気や怪我などで

介護が必要になったらどうしよう・・・という不安があるかもしれません。


このように、その時々で優先順位が違うので、

これで一生同じ保険で良いというのはないんではないかと思います。


生命保険の見直しに一番良い時期は?

生命保険の見直しに一番良い時期というのはあるのでしょうか?

答えは、あります!


ではいつでしょうか?

それは、あなたが生命保険を見直そうかな?と思った時!

だそうです。


下の動画をご覧ください。




保険の外交員から「そろそろ見直した方が良い時期ですよ」

というのは嘘です。

外交員はノルマがありますから、めぼしい人を探して

この人なら成果に繋がりそうだ!

とそのように言ってきたりするそうです。


また、保険を契約したばかりであっても、

この保険で本当に良かったのかな?と、あなた自身が疑問に思うなら、

再検討しても良いということですね。



生命保険の見直しは、何のために入るかを明確にする

生命保険に入る時、見直す時、

何を重要視すればよいでしょうか?


私の場合、

万が一自分が死んだ時に、家族が生活に困らないようにするために

と考えます。


では、今すぐ死んでしまった時に、

子供が大きくなるまで家族が不自由なく生活できるようにするためには、

どういう保証が良いか?


子供が大きくなり、定年近くになってからなら、そんなに手厚い保証はいらないよね。

とか、自分の年齢や子供の年齢など人それぞれ違うので、

そういうことを計算して入るのが良いと思います。


怪我で入院しても、1日の入院から保証してくれる!

と聞くと、良い保険かな?と思ってしまいますが、

1日くらいの入院費なら、払えないで困るってこともない経済状況なら、

もっと長く入院することになったときだけの保険にすれば月々安く済みます。


もし入院した時の入院費と、それまでに支払った月々の保険料の合計が、

割に合うかどうかを考えた方が良いですよ。






あなたの保険は何歳までの保証ですか?

私が勤めている会社に来ている保険のおばちゃんに、

保険に入りたいと言って入った保険が、

10年満期の保険でした。



すっかり信用してしまったために騙された感がものすごく強かったのを

今でも覚えています。


下の動画のコンサルタントも、最初勘違いで入らされたのでしょう。

死亡保険5000万円と思ったら、

終身の保険は500万で、4500万円が10年後まで・・・。


この人も騙された!と思ったことでしょう。

あなたは、大丈夫ですか?






あなたの保険は何歳までの保証ですか?

私が勤めている会社に来ている保険のおばちゃんに、

保険に入りたいと言って入った保険が、

10年満期の保険でした。



すっかり信用してしまったために騙された感がものすごく強かったのを

今でも覚えています。


下の動画のコンサルタントも、最初勘違いで入らされたのでしょう。

死亡保険5000万円と思ったら、

終身の保険は500万で、4500万円が10年後まで・・・。


この人も騙された!と思ったことでしょう。

あなたは、大丈夫ですか?






保険の見直し 解説動画

保険の見直しについて、わかりやすく解説している動画があったので、

興味がある方はご覧になってみてください。


保険の見直しや加入する条件の要は、

・毎月いくらなら払ってもいいのか?

・期間はいつまで保証しているか?(10年後か死ぬまでかなど)

・入院の保険は日額はいくらか?

・気になる特約はがあればそれが付いているかどうか?

これが重要になってきます。







広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。